いわき市にある歯科医院、玉川歯科クリニックです。予防歯科治療、審美的歯科治療、ホワイトニングなどでお悩みの方はぜひお越しください。

福島県いわき市にある歯科医院 - 医療法人明翔会 玉川歯科クリニック

福島県いわき市にある歯科医院 - 医療法人明翔会 玉川歯科クリニック

インプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療とは
インプラント治療とは、人工歯根部として人体との親和性に優れた金属(チタン)を、歯の抜けてしまった部分に埋め込み、セラミックなどで作られた歯冠を取りつける治療法です。
審美性に優れており、仕上がりが自然です。
食べ物を噛んだ際も感触がしっかりと顎に伝わり、歯茎が痩せてしまう心配がありません。
また、チタンは人体と結合しても金属アレルギー反応を起こさないため、安心して埋め込むことができます。
さらにインプラントは、埋入後も定期的なメンテナンスを行えば、半永久的に使用できるため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる
  • 噛み合わせの力が強いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わり、衰退を防止することができる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラント治療のデメリット

  • 個人差によるが、ブリッジに比べると治療時間が長くなる
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)
  • 比較的費用がかかる

従来の治療法とインプラント治療の違い

歯が1本、抜けている場合

従来の治療法では、隣接する健康な天然の歯を削り、ブリッジという方法が取られていました。
しかし、インプラントにすると抜けた部分のみにインプラント治療を行う事が出来ますので、健康な天然の歯を削る必要はありません。

従来の治療法インプラントによる治療法
隣接した歯を支台にしたブリッジ
インプラントが支持する上部構造(人工歯)
隣接した歯を支台にしたブリッジ
隣接の健康な天然の歯を削って支台にし、欠損した歯を再現したブリッジを被せる方法です。
インプラントが支持する上部構造(人工歯)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、隣接する天然の歯と機能的にも審美的に判別つかないほどです。

多くの歯が抜けている場合

従来のブリッジでは、残っている天然歯だけで嚙む力を支えなければなりません。この嚙む力はとても大きなものです。
インプラントにすると、本来の歯数のバランスが取れますので、咬合圧(嚙む力)による負担が少なくなります。

従来の治療法インプラントによる治療法
取り外し式の部分入れ歯(パーシャルデンチャー)
インプラントが支持する上部構造(人工の歯)
取り外し式の部分入れ歯(パーシャルデンチャー)
取り外し式の部分入れ歯は、それを支える顎の骨や天然の歯に悪影響をおよぼす可能性が指摘されています。
インプラントが支持する上部構造(人工の歯)
インプラント治療は、歯が欠損した部分のみの処置ですみ、隣接する天然の歯と機能性が回復できます。

インプラント治療の流れ

STEP1 診察と治療計画

STEP1 診察と治療計画
インプラント治療に必要な診断を行い、インプラント治療が可能かどうかを診断します。
その後、治療計画を立てます。

STEP2 フィクスチャー埋入の手術

STEP2 フィクスチャー埋入の手術
人工歯根のフィクスチャーを顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

STEP3 治癒期間

治癒期間
その後、骨とインプラントがしっかり結合するまでの治癒期間(3ヶ月~6ヶ月)を設けます。
治癒期間は骨の質などにより個人差があります。この間、必要に応じて仮の歯を入れる場合があります。

STEP4 アバットメントの連結

STEP4 アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部分(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
この時、簡単な手術を行う場合があります。

STEP5 人工歯の装着

STEP5 人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採取(歯の型をとること)を行います。
その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

STEP6 メンテナンス

STEP6 メンテナンス
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。
また、半年後に一度インプラントの状態を見るために定期検診を受けることをおすすめしています。

インプラント治療についてのよくある質問

インプラントの治療期間はどれくらいですか?

年齢や口腔内の状態によって異なりますが、約3ヶ月~6ヶ月程度です。

インプラントはどのくらい持ちますか?

患者様の健康状態(口腔内の清潔度合い、骨の状態)により異なりますが大変長く持つ方もいらっしゃいます。

治療が受けられる年齢は何歳くらいですか?

骨の成長が止まる16歳から75歳ぐらいまでですが、健康状態によってはそれ以上も可能です。

人体への影響は?

インプラント材は生体適合性の高いチタン合金を使用しています。また、強度が高いので骨内で腐食することはありません。

インプラント治療は痛いですか?

的確な麻酔をしますので痛みはありません。

費用はどれくらいかかりますか?

健康保険は適用されません。治療方法によって手術費や材料費が異なりますので、詳しくは当医院の歯科医師にご相談ください。